商品一覧

  • 【レア品有り】昭和レトロお茶碗:ガールズセット
    【レア品有り】昭和レトロお茶碗:ガールズセット
    432円

    和歌山県新宮市の古い商店街の雑貨屋さんにて1つ100円で購入した昭和レトロなお茶碗。独特のタッチで描かれた何とも言えない
    オトボケ具合が、古きよき昭和の時代を思い出させてくれます。
    ゆる~いテイストのレトロアイテムがお好きな方に是非お手に取って
    いただきたいセットです。
  • 【シュールさ満点】昭和レトロお茶碗:ボーイズセット
    【シュールさ満点】昭和レトロお茶碗:ボーイズセット
    432円

    和歌山県新宮市の古い商店街の雑貨屋さんにて1つ100円で
    購入した昭和レトロなお茶碗。きっと昭和の食卓を賑やかに
    彩ったであろうお茶碗たち。ビビッドな配色で描かれたお茶碗は、
    レトロフューチャー好きにも手を取っていただきたいセットです。
  • やりすぎ廃墟音頭
    やりすぎ廃墟音頭
    514円
    talkin' trash×愛知県漂流!! 日本に潜む怪しい香りのする廃墟を一挙公開!!
  • Are you ready to say good-bye? 「サヨナラする覚悟はできている?-
    Are you ready to say good-bye? 「サヨナラする覚悟はできている?-
    514円
    前例のない世界観へ! 廃墟から幼年期の断片を切りとった、絵本のような廃墟写真集がついに登場!!
  • 離島の戦争遺跡
    離島の戦争遺跡
    514円
    終戦から60年以上を経て、海を隔てた島々の戦争遺跡の空気が感じられる、まさに「完全保存版」!
  • MYSTERY ZONE
    MYSTERY ZONE
    514円
    従来の廃墟本ではもう満足できない身体になってしまったアナタを、かつて経験したことのない脱力感が襲う!
  • SILENTxRUINS
    SILENTxRUINS
    514円
    ―人気ホラーゲーム『SILENT HILL』と 廃墟好き全ての人に捧ぐ―
  • 最大廃墟 神岡鉱山
    最大廃墟 神岡鉱山
    514円
    毎年崩壊が進む各地区の廃墟群を2007年に再訪し、現在の神岡鉱山の姿をご紹介している。日本最大の廃墟・神岡鉱山の魅力を16ページに詰め込んだ一冊
  • 昭和の喫茶店のようなタンブラーグラス(ウェーブ/オレンジ)
    昭和の喫茶店のようなタンブラーグラス(ウェーブ/オレンジ)
    540円
    青森県八戸市の終末デパートにて購入した
    昭和の喫茶店を思わせるような
    オレンジ色のタンブラーグラスです。


  • 【難あり】レトロなガラス製灰皿(花型/レッド)
    【難あり】レトロなガラス製灰皿(花型/レッド)
    540円
    青森県八戸市の終末デパートにて購入した
    70年代テイストのレトロ灰皿です。



  • 元祖国際秘宝館 公式パンフレット
    元祖国際秘宝館 公式パンフレット
    864円
    待望の元祖国際秘宝館史上初の公式ガイドブックが完成!
  • 消えゆくニッポンの秘宝館-秘宝館を世界遺産に!-
    消えゆくニッポンの秘宝館-秘宝館を世界遺産に!-
    1,028円
    あの都築響一氏も大絶賛の「元祖国際秘宝館公式ガイドブック」。その秘宝館ブック第ニ弾!!!
  • 八画文化会館叢書vol.07 八画文化会館OFFICIAL FAN BOOK 矛盾不純
    八画文化会館叢書vol.07 八画文化会館OFFICIAL FAN BOOK 矛盾不純
    1,080円
    2010年5月の活動開始から6年間で
    『八画文化会館』本誌4冊と、『八画文化会館叢書』6冊を
    細々と発行してきたインディーズ出版社ですが、
    恥ずかしながらこのような公式ファンブックを上梓いたします。

    10年におよぶ編集部の取材記録の中から厳選して、
    路上からはみ出しているSEX、ニセモノ、
    交通安全の写真を中心に構成したアートブックです。

    次世代のエディトリアルデザインでの活躍が期待される、
    八画文化会館イチオシの若手イラストレーター小磯竜也氏の
    斬新なアートワークとともにお楽しみ下さい。

    作文につきましては、矛盾や不純を抱えながら、
    本をつくってきた制作の裏側について書きました。

    ご購読を頂いております皆様にとって、
    お役に立てるような話ではないと存じますが、
    お暇な折にご笑覧下されば幸いです。
  • 八画文化会館叢書vol.01 ビックリ廃墟ジャーナル
    八画文化会館叢書vol.01 ビックリ廃墟ジャーナル
    1,080円
    「八画文化会館叢書」第1弾リリース!!
    RUINS 4 MAFIAによる、謎と怪奇に満ちた
    廃墟ブックレットの決定版がついに登場!!
    ニッポンの各地には、こんなにも怪しい廃墟が
    実在しているのだ!!
    限定1000部のシリアルナンバー付きでの発売です!
  • 八画文化会館叢書vol.02 公園手帖 コンクリート動物百景
    八画文化会館叢書vol.02 公園手帖 コンクリート動物百景
    1,080円
    「八画文化会館叢書」第2弾リリース!!
    コンクリート100%のソーキュートな動物遊具
    なんと100体収録!!
    失われつつあるコンクリート製の公園遊具を探して
    あなたも公園をお散歩してみませんか?
    限定1000部のシリアルナンバー付きでの発売です!


  • 八画文化会館叢書vol.03 知られざる日本遺産~日本統治時代のサハリン廃墟巡礼~
    八画文化会館叢書vol.03 知られざる日本遺産~日本統治時代のサハリン廃墟巡礼~
    1,080円
    「八画文化会館叢書」第3弾リリース!!

    2015年の今年は、戦後70年の節目の年。

    1945年の終戦まで、およそ40年間、
    日本が統治していたサハリン南部の「樺太」。

    北海道の南方にある、近くて遠い異国の地サハリンには
    今も日本統治時代の工場や建築物が残されている――

    サハリンで朽ち果てた7つ巨大工場廃墟を
    美しいビジュアル写真をメインに構成したフォトブック、
    限定1000部のシリアルナンバー付きでの発売です!
    (※商品の発送は2015年8月14日より)

  • 八画文化会館叢書vol.04 公園手帖2 キノコ公園 
    八画文化会館叢書vol.04 公園手帖2 キノコ公園 
    1,080円
    「八画文化会館叢書」第4弾リリース!!

    「世の中には、キノコ型の遊具やシェルター(東屋)、
    テーブルなどが設置されている公園がある。
    日常に少しだけ添えられたファンタジー。
    人はそれを「キノコ公園」と呼ばずにはいられないのである」(前文より)

    公園手帖2は可愛らしさと独特のとぼけた感じを併せ持つ
    「キノコ公園」のフォトブックです。

    全国各地で採集された
    42のキノコ公園を美しい写真でお届けします!

    限定1000部のシリアルナンバー付きでの発売です!
    (※商品の発送は2015年8月14日より)
  • レトロなガラス製灰皿(花型/レッド)
    レトロなガラス製灰皿(花型/レッド)
    1,080円
    青森県八戸市の終末デパートにて購入した
    70年代テイストのレトロ灰皿です。


  • 八画文化会館叢書vol.05 ロマンチック廃醫院
    八画文化会館叢書vol.05 ロマンチック廃醫院
    1,080円
    「八画文化会館叢書」第5弾、リリース!!

    簡単にはたどり着けないが、
    確実に日本のどこかに存在する、
    廃医院という日常の隣にある異空間。

    著者タケピン氏の廃医院ワールドは、
    我々にひとときのファンタジーを見せてくれる。
  • 八画文化会館叢書vol.06 チェルノブイリ/福島 ~福島出身の廃墟写真家が鎮魂の旅に出た~
    八画文化会館叢書vol.06  チェルノブイリ/福島 ~福島出身の廃墟写真家が鎮魂の旅に出た~
    1,080円
    頽廃の美しさ、壊れ、汚れ、滅びるものの美しさに心酔する、
    いち廃墟マニアだった星野藍。

    彼女の写真は、2011年の東日本大震災をきっかけに大きく変化することとなった。

    故郷である福島が被災したことにより、
    廃墟を撮ること自体ためらわれる時期もあったというが
    その後チェルノブイリを2回訪れ、福島の立入禁止区域を中心に
    傷ついた故郷をファインダー越しに見つめ続けてきた。

    原発事故によって廃墟と化した、ふたつの土地。

    彼女はふたつの土地の現在と過去を辿るように、
    カメラを片手に旅をした。

    丹念に撮られた写真を見ていると
    廃墟のなかに死の影ではなく、
    瓦礫の下に息づく生命の力が感じられる。

    写真を撮る側の、目と心が変わらなければ
    この種の変化は起こらないだろう。

    ネット上でも、写真集でも
    たくさんの廃墟写真を見ることはできるが
    撮られる意義のあるものは少ない。

    ここに写っているもの、書かれた言葉は
    世の中に出るべきものだと思ったので、
    本書を編集し、発行しました。

    八画文化会館 編集長 石川春菜

(全商品:34点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索