八画文化会館 > 叢書(ブックレット)

  • 八画文化会館叢書vol.01 ビックリ廃墟ジャーナル
    八画文化会館叢書vol.01 ビックリ廃墟ジャーナル
    1,080円
    「八画文化会館叢書」第1弾リリース!!
    RUINS 4 MAFIAによる、謎と怪奇に満ちた
    廃墟ブックレットの決定版がついに登場!!
    ニッポンの各地には、こんなにも怪しい廃墟が
    実在しているのだ!!
    限定1000部のシリアルナンバー付きでの発売です!
  • 八画文化会館叢書vol.02 公園手帖 コンクリート動物百景
    八画文化会館叢書vol.02 公園手帖 コンクリート動物百景
    1,080円
    「八画文化会館叢書」第2弾リリース!!
    コンクリート100%のソーキュートな動物遊具
    なんと100体収録!!
    失われつつあるコンクリート製の公園遊具を探して
    あなたも公園をお散歩してみませんか?
    限定1000部のシリアルナンバー付きでの発売です!


  • 八画文化会館叢書vol.03 知られざる日本遺産~日本統治時代のサハリン廃墟巡礼~
    八画文化会館叢書vol.03 知られざる日本遺産~日本統治時代のサハリン廃墟巡礼~
    1,080円
    「八画文化会館叢書」第3弾リリース!!

    2015年の今年は、戦後70年の節目の年。

    1945年の終戦まで、およそ40年間、
    日本が統治していたサハリン南部の「樺太」。

    北海道の南方にある、近くて遠い異国の地サハリンには
    今も日本統治時代の工場や建築物が残されている――

    サハリンで朽ち果てた7つ巨大工場廃墟を
    美しいビジュアル写真をメインに構成したフォトブック、
    限定1000部のシリアルナンバー付きでの発売です!
    (※商品の発送は2015年8月14日より)

  • 八画文化会館叢書vol.04 公園手帖2 キノコ公園 
    八画文化会館叢書vol.04 公園手帖2 キノコ公園 
    1,080円
    「八画文化会館叢書」第4弾リリース!!

    「世の中には、キノコ型の遊具やシェルター(東屋)、
    テーブルなどが設置されている公園がある。
    日常に少しだけ添えられたファンタジー。
    人はそれを「キノコ公園」と呼ばずにはいられないのである」(前文より)

    公園手帖2は可愛らしさと独特のとぼけた感じを併せ持つ
    「キノコ公園」のフォトブックです。

    全国各地で採集された
    42のキノコ公園を美しい写真でお届けします!

    限定1000部のシリアルナンバー付きでの発売です!
    (※商品の発送は2015年8月14日より)
  • 八画文化会館叢書vol.05 ロマンチック廃醫院
    八画文化会館叢書vol.05 ロマンチック廃醫院
    1,080円
    「八画文化会館叢書」第5弾、リリース!!

    簡単にはたどり着けないが、
    確実に日本のどこかに存在する、
    廃医院という日常の隣にある異空間。

    著者タケピン氏の廃医院ワールドは、
    我々にひとときのファンタジーを見せてくれる。
  • 八画文化会館叢書vol.06 チェルノブイリ/福島 ~福島出身の廃墟写真家が鎮魂の旅に出た~
    八画文化会館叢書vol.06  チェルノブイリ/福島 ~福島出身の廃墟写真家が鎮魂の旅に出た~
    1,080円
    頽廃の美しさ、壊れ、汚れ、滅びるものの美しさに心酔する、
    いち廃墟マニアだった星野藍。

    彼女の写真は、2011年の東日本大震災をきっかけに大きく変化することとなった。

    故郷である福島が被災したことにより、
    廃墟を撮ること自体ためらわれる時期もあったというが
    その後チェルノブイリを2回訪れ、福島の立入禁止区域を中心に
    傷ついた故郷をファインダー越しに見つめ続けてきた。

    原発事故によって廃墟と化した、ふたつの土地。

    彼女はふたつの土地の現在と過去を辿るように、
    カメラを片手に旅をした。

    丹念に撮られた写真を見ていると
    廃墟のなかに死の影ではなく、
    瓦礫の下に息づく生命の力が感じられる。

    写真を撮る側の、目と心が変わらなければ
    この種の変化は起こらないだろう。

    ネット上でも、写真集でも
    たくさんの廃墟写真を見ることはできるが
    撮られる意義のあるものは少ない。

    ここに写っているもの、書かれた言葉は
    世の中に出るべきものだと思ったので、
    本書を編集し、発行しました。

    八画文化会館 編集長 石川春菜

  • 八画文化会館叢書vol.07 八画文化会館OFFICIAL FAN BOOK 矛盾不純
    八画文化会館叢書vol.07 八画文化会館OFFICIAL FAN BOOK 矛盾不純
    1,080円
    2010年5月の活動開始から6年間で
    『八画文化会館』本誌4冊と、『八画文化会館叢書』6冊を
    細々と発行してきたインディーズ出版社ですが、
    恥ずかしながらこのような公式ファンブックを上梓いたします。

    10年におよぶ編集部の取材記録の中から厳選して、
    路上からはみ出しているSEX、ニセモノ、
    交通安全の写真を中心に構成したアートブックです。

    次世代のエディトリアルデザインでの活躍が期待される、
    八画文化会館イチオシの若手イラストレーター小磯竜也氏の
    斬新なアートワークとともにお楽しみ下さい。

    作文につきましては、矛盾や不純を抱えながら、
    本をつくってきた制作の裏側について書きました。

    ご購読を頂いております皆様にとって、
    お役に立てるような話ではないと存じますが、
    お暇な折にご笑覧下されば幸いです。
1

(カテゴリー内:7点)

カートの中身

カートに商品は入っていません

商品検索